幼少期から常に家に置いてあった!カルピスウォーター

その他

カルピスウォーターの基本情報

商品名 カルピスウォーター
種類 乳性・乳酸菌飲料
メーカー/ブランド アサヒ飲料
容器 ペットボトル
価格/本数 120円/1本
サイズ/内容量 500ml
受賞歴/ランキング
産地 日本
URL https://www.calpis.info/lineup/

カルピスウォーターの説明・特徴

カルピスウォーターは、1991年に発売された。

商品ラインナップの中核を成すカルピスは、濃縮されている現役が瓶詰めされている商品である。
従って、飲用する際は手間がかかってしまう。

この原液を単純に水で希釈しただけの飲料は、時間通過により粒子の沈殿などの劣化が生じるため、1919年以降濃縮タイプのみ発売されていた。

その後の技術開発で鮮度維持のために、窒素ガスを封入することにより商品化が実現した。
発売開始時は「遅くなってごめん」をキャッチコピーとし、「遅い」に関連して、CMには当初亀のキャラクターが使われた。

年間500万ケース突破で、ヒットと呼ばれる清涼飲料水業界において、2000万ケースを超える出荷を達成し、1991年のヒット商品番付にランクされる史上稀に見るヒット商品となった。

カルピスウォーターのおすすめ理由・エピソード

カルピスウォーターは、幼少期から常に瓶で家に置いてあり、気分に合わせて濃度を変えたり、水で割ったり炭酸で割ったりしていた。

さらに市販のペットボトルで売られているカルピスは、一概にカルピスと言っても、カルピスソーダやカルピスももなど様々なラインナップがあり、飽きることなく楽しめる。

そんなカルピスの中でも、特に私は比較的最近発売された「濃いカルピス」が、とても気に入っている。
大学の空いたこまの時に、学内のコンビニで購入し愛飲していた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました